仲間探して3千里以上。14020kmもの距離をたった1匹で旅した孤独な狼の物語(アメリカ)

仲間探して3千里以上。14020kmもの距離をたった1匹で旅した孤独な狼の物語(アメリカ)

Prachanda Rawal/iStock
 アメリカでは一部地域でハイイロオオカミ(タイリクオオカミ)が絶滅危惧種に指定されており、人間の手によって繁殖させようとする「狼の再導入」が行われている

 そんな中、悲劇がカリフォルニア州で起こった。1匹のハイイロオオカミが群れから離れてしまい、必死に仲間を探していた途中で、死亡しているのが発見されたのだ。

 この狼は8712マイル(約14020km)もの距離をたった1匹で歩き回り、最後に孤独な死を迎えたようだ。
[動画を見る]
The mystery of the celebrated Shasta wolf pack that vanished from California

【2018年1月、群れから外れたメスのハイイロオオカミ】

 カリフォルニア州魚類野生生物局(California Department of Fish and Wildlife CDFW)は、2017年10月にハイイロオオカミの個体数を調査していた生物学者により追跡調査用の首輪をつけられたOR-54と呼ばれるメスのハイイロオオカミが、今年2月5日にカリフォルニア州シャスタ郡で死骸になっているのを発見されたことを明かした。

 OR-54は、2016年にオレゴン州で生まれ、推定年齢3~4歳とされている。

 OR-54の父親でOR-7と呼ばれていたハイイロオオカミは、90年ぶりの2011年にカリフォルニア州で最初に確認された野生のハイイロオオカミで、初めてその地に戻って繁殖を続けた貴重な1頭とされてきた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。