宇宙の奥深くから届く謎の電波シグナルに16日の周期が確認される

宇宙の奥深くから届く謎の電波シグナルに16日の周期が確認される

zhengzaishuru/iStock
 宇宙から届く謎のシグナル「高速電波バースト(FRB)」の特徴の1つは予測できないことだ。前触れもなく宇宙から放出され、はっきりと分かるパターンもない。そのために研究することすら難しい。

 だが、このほど規則的な周期を持つ高速電波バーストが発見されたそうだ。

 「FRB 180916.J0158+65」と呼ばれるシグナルは、16.35日周期で同じようなパターンを繰り返している。4日間は1時間ごとに1、2本のバーストを放出。そして12日間沈黙し、またこれを繰り返す。

 このパターンは、計409日間におよぶカナダ、ドミニオン電波天文台にある電波望遠鏡「カナダ水素強度マッピング実験(CHIME)」からの観測によって明らかになった。

 その意味合いは今のところ不明だが、高速電波バーストの謎を構成するパズルのピースの1つであるようだ。
【数ミリ秒で太陽数十万個に相当するエネルギーを放射】

 ざっくり言うと、高速電波バーストとは、一瞬だけパッと閃く電波スペクトルの大エネルギー放射だ。わずか数ミリ秒の間に、太陽数十万個分に匹敵するエネルギーを放射する。

 大抵の場合、バーストするのはたった一度だけで、同じものが再び検出されることはない。そのために、発生源を突き止めるのも難しい。

 中には繰り返しバーストするものもあるのだが、それはまったく予測不能だ。こうした反復するタイプのものなら、それが放たれた銀河まで突き止めることができる。だからと言って、それを手がかりにその正体へ迫れるわけでもない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「宇宙の奥深くから届く謎の電波シグナルに16日の周期が確認される」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    宇宙の歴史は新しいから、今後どこかに知的生命体が現れる可能性はあるだろう。しかしその頃には人類は滅亡しているよ。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月16日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。