新しい場所で初めて眠るとき、人間の脳は半分覚醒したままの状態にある(米研究)

新しい場所で初めて眠るとき、人間の脳は半分覚醒したままの状態にある(米研究)
       

millann/iStock
 出張先でホテルに泊まったり、週末にキャンプに行ったり、あるいは友達の家に泊まったり――そんな日の翌朝は、特に夜更かしをしたわけでもないのに、きっと少しダルさを感じることだろう。

 じつはあなたはぐっすり眠っているつもりでも体は頑張っているのだ。見知らぬ場所、新しい環境で眠るとき、脳はサバイバルモードに切り替わっており、片方の半球が起きているのである。

 米ブラウン大学の研究グループによれば、これは異音がしたらすぐに飛び起きられるよう体を備える仕組みであるそうだ。
【枕が変わると眠れないのは第一夜効果が原因】

 初めての場所だったり、枕が変わったりと、睡眠の環境が大きく変わるとなかなか寝付けない。これを「第一夜効果」といい、しばしば睡眠不足の原因にもなる。

 この第一夜効果の仕組みを解明するために、睡眠学者の玉置應子氏らは、自分自身を実験台にして、最新の神経撮像法で眠っている脳を分析した。

 そして明らかになったのが、脳は非対称的な睡眠活動をしているという奇妙な事実であった――片方の半球が眠っているとき、もう片方は活動を続けていたのだ。

[画像を見る]
gorodenkoff/iStock
【睡眠中も脳の半分(主に左脳)は起きている】

 完全に目を覚ましているわけではない。だが、眠っている半球よりはずっと活発で、外部からの刺激に反応することもできる。

 実際、第一夜効果を経験している被験者は、ドアが軋む音や動物の鳴き声など、不意に異音が鳴るとパッと目覚めることができた。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。