AIで脳波を調べることで、個々にあった適切なうつ病の治療が行える可能性(米研究)

AIで脳波を調べることで、個々にあった適切なうつ病の治療が行える可能性(米研究)


 平成25年に厚生労働省が行った調査によると、うつ病の有病率は6.7%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されている。

 年々その数は増加傾向にあるが、これは、うつ病が増えたのか、その判断基準が変わったのか、病院に行く患者が増えたことによるのもなのかは正確にはわかっていない。

 だが、患者数が増えることで、その患者個人に合ったうつ病治療を行うための開発が進んでいるのは事実だ。

 うつ病(大うつ病障害)を抱える300人以上を対象にした研究から、AI(人工知能)で脳波パターンを調べることで、抗うつ剤の効き目がいいか悪いかを予測できることがわかったという。
【AIを使った脳波診断で薬が効くかどうかがわかる】

 「今、もっとも頭を悩ませていることのひとつは、うつ病患者ひとりひとりに合った最適な治療法の選択肢が限られてしまっているということです」スタンフォード大学、精神医学教授のアミット・エトキンは言う。「基本的に、試行錯誤の末、薬物療法を選択しているにすぎないのです」

 エトキンは、スタンフォード大がバックアップして創設されたアルト・ニューロサイエンス社のCEOでもある。この会社では、コンピューターを使って精神疾患の診断や治療の選択をするための開発している。

 AI(人工知能)を使って、うつだと診断された300人以上の患者の脳波パターンを分析し、抗うつ剤セルトラリン(商品名ゾロフト、ジェイゾロフト)で治療を始めたとき、同じ患者の脳波がどう変化するかを調べた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。