「気楽にいこう」がモットーの国民性。ギリシャとギリシャ人に関する12のこと

「気楽にいこう」がモットーの国民性。ギリシャとギリシャ人に関する12のこと

Mariamichelle/pixabay
 ギリシャと聞いて、何を思い浮かべる?パルテノン神殿?美しく青い海と白い建物?それともグリークヨーグルト?

 ギリシャを訪れたことがある人は、おそらくその国民性や文化・習慣を身近に経験したかもしれないが、その土地に住んでいない人にとっては思わず奇妙に感じる習慣や伝統は、どの国にも存在するものだ。

 というわけで、今回はギリシャという国と、そこに住むギリシャ人に関する国民性を見ていこう。
【結婚しても妻が夫の姓を名乗るのはほとんど不可能】

[画像を見る]
vetonethemi/pixabay
 ギリシャでは、結婚して裁判所に申請すれば夫の姓と自分の姓を2重で持つことは可能だが、それには多くの手続きと費用を要すと言われている。また夫だけの姓を名乗ることはよほどの理由がない限り、法的にほとんど不可能とも言われている。

 1983年までは、結婚後、妻は夫の姓を名乗ることを義務付けられていたが、法律が変更になり女性が夫の姓を持つことを禁じられるようになった。

 外国人の妻がギリシャ人の夫を持っても、役所で夫の姓を名乗ることができないと言われて大きくショックを受けたというケースは多いようだ。

【ギリシャ人の離婚率は低い】

[画像を見る]
Nietjuh/pixabay
 ギリシャは、ヨーロッパの中では離婚率が最も低い国として知られている。というのも、離婚したいとなると役所手続きがとにかく面倒な上に時間もお金もかかるからだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「気楽にいこう」がモットーの国民性。ギリシャとギリシャ人に関する12のこと」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    気楽に行きすぎて財政破綻。EUのお荷物。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。