ボイラー爆発後の蒸気機関車を記録した古写真(19世紀後半から20世紀前半)

ボイラー爆発後の蒸気機関車を記録した古写真(19世紀後半から20世紀前半)

ボイラー爆発後の蒸気機関車 vintag.es
 19世紀後半から20世紀始めにかけて、蒸気機関車のボイラーはたびたび爆発したそうだ。

 その原因は、スケーリング(不溶性固形物がボイラー内に付着すること)やオーバーヒートを引き起こす水処理のミス、低水位、安全バルブの詰まり、あるい機関士・機関助士の操作みすなど、たくさんある。最悪の場合、ボイラー爆発につながる炉の爆発もある。

 失敗は成功の母とも言われているが、産業革命以来、人類は数々の失敗を乗り越えて現代のテクノロジーを築き上げてきた。

 ここでは、写真に記録されたボイラー爆発後の蒸気機関車の写真を見ていこう。

【危険なボイラー爆発】

 特に危険なのは、機関車タイプの煙管ボイラーの爆発だという。

 ボイラーの火室の上部には、常にある程度の水をはっておかなくてはならない。そうしないと、炎による熱でここの天井板が脆くなって、通常の作動圧力でも限界に達してしまう可能性があるからだ。

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

 こうした失敗は、鉄道機関車に限ったことではない。機関車型ボイラーは、牽引自動車、可動式エンジン、採鉱や伐採用のスキッドエンジン、製材所や工場用の定置エンジンにも使われていて、パッケージボイラーとして、加熱等のプロセスのための蒸気を供給していた。いずれにしても、水位を適切に保つことが、安全に操業するための基本だ。

 初期の頃から、試行錯誤を繰り返して、わたしたちは蒸気機関のさまざまな知識を得てきた。爆発の災難やその結果生じた損害は、避けられないことだったが、19世紀末までには、設計や保全整備が劇的に改善されて、爆発事故はかなり減った。その改良は20世紀に入っても続く。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。