アメリカとカナダの国境で「人間の脳」が押収される

アメリカとカナダの国境で「人間の脳」が押収される

geralt/pixabay
 アメリカ合衆国税関・国境警備局(United States Customs and Border Protection:CBP)は、国土安全保障省が所管する最大規模の政府機関だ。

 テロ対策や人身売買、麻薬密輸の取締りの他、農業害虫の侵入防止など、違法または危険な活動から国内の安全を保障することを任務とする役目を担っており、大規模な人員が空港、港湾、国境検問所、国境周辺などに配置されている。

 今回、そのCBP職員により、カナダから来た郵送トラック内から「人間の脳」が押収された。
【オンタリオ州とミシガン州を結ぶ検問所で「人間の脳」押収】

 2月14日、カナダのオンタリオ州とアメリカのミシガン州を結ぶブルーウォーターブリッジの検問所で、カナダのトロントから来たトラックを検査していたCBP職員が、透明なガラスの瓶に入った「人間の脳」を発見した。

[画像を見る]

 その瓶は、「骨品標本」というラベルのついた荷物の中にあったという。

 トロントから出荷されたこの荷物は、アメリカのウィスコンシン州ケノーシャに配達される予定になっていたようだ。

【合衆国への合法的な入国を申請する書類などは入っておらず】

 CBPが発表した声明文によると、人間の脳が入った荷物の中には、合衆国への合法的な入国のための必要書類や申請用紙などは一切入っていなかったそうだ。

 CBPポートディレクターは、声明文の中で次のように述べている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク