生物と非生物の境界を揺るがす細菌感染性ウイルスが発見される(米研究)

生物と非生物の境界を揺るがす細菌感染性ウイルスが発見される(米研究)

iLexx/iStock
 世界の温泉や淡水湖などには細菌を殺す巨大ウイルスが潜んでいるようだ。新たに発見された細菌に感染するウイルス、バクテリオファージ(ファージ)は、あまりにも巨大かつ複雑で、生命と非生命の境界を曖昧してしまったという。

 ファージもウイルスも、別の生物を利用しなければ生物学的プロセスを行えないために、一般には生物であるとはみなされていない。
 
 だからといって、大人しい連中ではない。細菌を捕食し、その代謝を変化させ、抗生物質に対する耐性を広め、さらには動物や人間に病気を引き起こす化合物まで持っている。非生命であるとは思えないような存在なのだ。 
【細菌よりも大きなゲノムを持つ巨大ファージ】

 アメリカ、カリフォルニア大学バークレー校のグループが『Nature』(2月12日付)で発表した研究では、その静かなる侵入者について詳しく調べるために、人間やヘラジカの腸内、あるいは南アフリカのバイオリアクターやチベットの温泉など、世界中の30種近くの環境からサンプルを集め、そのDNAデータを分析した。

 その結果発見されたのが、平均的なファージの4倍以上大きなゲノムを持つ巨大ファージだ。総数は351種にも上り、これらのうち最大のものはじつに73万3000の塩基対を持っていたという(平均的なファージのほぼ15倍。なお人間の塩基対は30億)。

 研究グループのジル・バンフィールド教授によると、こうしたファージは従来考えられてきたウイルスと生物のハイブリッドであるという。何しろ、ファージでありながら、多くの細菌よりも大きなゲノムを持っているのだ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月1日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。