世界初の成功例。体外受精と代理出産でチーターの赤ちゃんが2頭誕生(アメリカ)

世界初の成功例。体外受精と代理出産でチーターの赤ちゃんが2頭誕生(アメリカ)


 現在、チーターの個体数は激減している。専門家らは15年以上も前から、個体数を増やすべく科学的にチーターの繁殖を試みてきた。
 
 そしてこのほど、アメリカの動物園でチーターの体外受精と代理出産に初めて成功、2頭の赤ちゃんが誕生した。

 この世界初の出来事は、将来において野生のチーターの個体数を増やすための重要な役割を果たす驚異的なブレイクスルーになったようだ。
[動画を見る]
History Making Cheetah Cubs Born Through IVF

【体外受精と代理出産でチーター2頭が誕生】

 アメリカのオハイオ州コロンバス動物園&水族館(Columbus Zoo and Aquarium)で2月19日に誕生した2頭のチーターの赤ちゃんは、世界的ニュースとして報じられた。

[動画を見る]

 その理由は、この2頭が体外受精と代理出産により生まれた赤ちゃんだからだ。

 スミソニアン保全生物学研究所とコロンバス動物園は、生物学上の母親となるチーターのキビビ(6歳)から卵子を採取した。

 次に、テキサス州のフォッシルリム野生動物センター(Fossil Rim Wildlife Center)にいるオスのチーターから集めた冷凍精子を使って受精させた後、胚をイジーという別のメス(3歳)の子宮へ移植した。

 そして、イジーは体外受精から3か月後の2月19日に、オスとメスの2頭の赤ちゃんを無事代理出産したのである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。