糖尿病患者に希望。人間の幹細胞を使ってマウスの糖尿病を機能的に治療することに成功(米研究)

糖尿病患者に希望。人間の幹細胞を使ってマウスの糖尿病を機能的に治療することに成功(米研究)

dzika_mrowka/iStock
 アメリカ、セントルイス・ワシントン大学医学部の研究グループは、人間の幹細胞を使ってマウスの糖尿病をほんの数週間のうちに治癒できることを実証した。

 『Nature Biotechnology』(2月24日付)に掲載された新しい糖尿病の治療法は、人体の中であらゆる細胞に変化することができる「ヒト多能性幹細胞(iPS細胞)」を使ったものだ。

【iPS細胞から膵臓の細胞を作り出しマウスの血糖値を正常化】

 糖尿病の原因の1つは、膵臓が血糖値をきちんとコントロールできるだけのインスリンを十分に作れないことだ。ならば上手く働かなくなった膵臓に新しい細胞を補給してその機能を回復してやれば、病気は治るということになる。

 そこで、研究グループは、人間のiPS細胞からインスリンを分泌する「膵臓β細胞」を作り出してやることにした。

[画像を見る]
Peter Stanic from Pixabay
 実験では、β細胞への毒性を持つ「ストレプトゾトシン」を投与して重度の糖尿病にしたマウスに、ヒトiPS細胞を移植した。

 その結果、マウスは再び血糖値をきちんとコントロールできるようになり、病気が治ったことが確認されたのである。

 研究グループによると、マウスの血糖値は500ミリグラムを超えており、人間ならば生命を落としてもおかしくはないほど病気が進行した状態だったという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。