世界最古の剣の1つ、5000年前のアナトリアの剣が発見される(イタリア)

世界最古の剣の1つ、5000年前のアナトリアの剣が発見される(イタリア)


 古来、北を黒海、西をエーゲ海、南を地中海にはさまれ、東にアルメニア、メソポタミア、シリア地方につながる地域の総称(現在のトルコ共和国のアジア側の半島部)「アナトリア(小アジア)」の兵器の1つとされる5000年前の剣が、イタリアのサン・ラザロ島メキタル会修道院の展示キャビネットで発見された。

 科学的研究によると、この剣は紀元前3000年頃のものと判明。つまり世界最古の剣の1つである可能性が高いということだ。
[動画を見る]
The Bronze Age of Anatolia - The Rise and Collapse of Hittites

【修道院の展示キャビネットから世界最古の剣発見】

 古代近東の剣の起源と進化についての研究で修士号を取得しているヴィットーリア・ダルアルメリーナさんは、イタリアのサン・ラザロ島メキタル会修道院を訪問し、中世の遺物のキャビネットを調べていた際、アナトリア兵器の1つとされる古い剣を発見した。

 その剣は、アルスラーンテペ王宮(東アナトリア)で見つかった剣に似ており、中世と誤って特定されているものだった。

 そこで科学的研究を進めてみると、その剣が紀元前3000年頃のものであることが判明。

 つまりは、世界最古の剣の1つである可能性が高いという。

[画像を見る]

【装飾されていない剣を科学的分析】

 イタリアのパドヴァ大学および考古学、歴史的・芸術的遺産の研究・保存のためのセンターCIBAとの共同で、この剣の金属組成の分析が行われた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク