世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)

世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)

Katrina_S/pixabay
 イギリスのバーミンガムにて毎年3月に4日間にわたって開催される世界最大のドッグショー『Crufts(クラフツ)』は、200種におよぶ2万匹以上の犬たちが参加し、10万人以上の訪問者が見込まれる大規模なイベントだ。

 しかし、今年は新コロナウイルス感染とEU離脱の影響(63%は海外からの参加予定だった)で、700匹の犬が欠席。2019年の20395匹からダウンして、今年参加した犬の数は19696匹だった。

 このショーでは、犬たちが様々なイベントを通して、見た目や従順さ、敏捷性などを競い合う。ステージ上で、フワッフワまたはサラッサラな被毛を誇らしげにしながら優雅に歩く犬たちは、普段水たまりで泥んこになって遊んでいる姿からは程遠い。

 気品と才能に溢れる犬たちが競い合うこのショーでは、自然と審査の目も厳しくなるが、そんな中で観客や視聴者の気分を大いに和やかにしてくれた1匹の犬がいた。
【保護犬クラトゥ、リタイア前の最後のショーでパフォーマンス】

 今年3月5日~8日、バーミンガムのNEC(National Exhibition Centre)で開催された世界最大のドッグショー『Crufts(クラフツ)』では、2万匹近い犬たちによる様々なパフォーマンスが繰り広げられた。

 しかし、動物イベントにはハプニングはつきものだ。今年も競技以外で観客の注目をしっかりと集めた犬がいた。

 カルパチアン・シェパード・ドッグミオリティック・シープドッグのミックス犬で保護犬のクラトゥ(Kratu)だ。クラトゥにとって、今年は引退前の最後のショーとなった。

 そのため、厳しいルールに従うことへの心配はもはや持ち合わせておらず、クラトゥはあくまでもマイペースに振舞うことを決心したようだ。


 障害物のショーが始まると、クラトゥはトンネルに入ってにおいをクンクン嗅ぎ始め、なかなか出てこない。やっと出て来たと思ったら、今度はステージ内を自由に走り回った。

 大きなフワフワした笑みを浮かべて、走るクラトゥの姿を見た観客らからは笑いが漏れた。なんといってもクラトゥは、幸せそうなのだ。

[画像を見る]

 障害物バーを口でくわえて走り回る遊び心いっぱいのクラトゥを見た審査員に、「これは完全なルール違反ですね」と言われても、クラトゥは気にしない。

 そして、そんなクラトゥの姿を見た観客たちも、クラトゥのはしゃぎっぷりを楽しんでいたようだ。

【ハプニングでは常連のクラトゥだった】

 実は、クラトゥは去年のショーでも同様のハプニングで観客を楽しませていた。そのため、今年もクラトゥが出場する瞬間を楽しみにしていた視聴者や観客も多かったようだ。

 クラトゥのパフォーマンスを楽しんだ人からはSNSに「なんて楽しそうなの。でも、それこそがショーでは大切なのよね。見てるだけでクラトゥがハッピーだったいうのが伝わってくる」「レジェンドだ。笑いが止まらない」「ショーの中で最高のシーンだった」といった声が相次いだ。

 こんなふうに、多くの犬好きを大いに楽しませたクラトゥ。競技レベルでは審査の対象外となったものの、リタイア直前の最後のパフォーマンスを思いっきり楽しんでいた。

 コンテストの後、クラトゥの飼い主はこのようにツイート。

クラトゥは、最高の時間を過ごしました。これぞリタイアにふさわしいと言えるショーでした。


【優勝した犬もとんだアクシデントを…】

 今年の優勝者となったのは、ワイヤー・ヘアード・ダックスフントのメイジーだ。

[画像を見る]
 世界最大のこの賞で優勝するということは、「全てにおいて完璧な犬に近い犬」として選ばれるということだ。

 犬としてなんとも名誉なこの賞を与えられたメイジーは、自分よりもはるかに大きなサイズのトロフィーを授与され、例年のように優勝犬としてステージ上を飼い主と1周することになった。

 しかし、栄えあるパレードの最中に、メイジーが突然立ち止まった。なんとメイジーはステージ上でうんちを出したのだ。ショーでの緊張がついに緩んだ瞬間だったのかもしれない。

 思わぬハプニングに、「おお、これはまったくもってシリアスなビジネスですね」と司会者が言うと同時に、会場は笑いの渦に巻き込まれた。

 メイジーの飼い主は、大勢の人が見ているステージ上でも、普段通りにさりげなくメイジーの糞を拾っており、その姿はある意味とてもシュールだ。

[動画を見る]
Video Crufts' Best in Show dog Maisie poops during her lap of victory

 そんなこんなで無事に終わった今年のドッグショー。犬好きにはたまらない4日間だったに違いない。そして、再び来年のショーを今から楽しみにしているという人も多いだろう。だが、クラトゥは今年で最後の参加だったため、来年はその姿を見ることはできない。

 ちょっぴり残念だが、お疲れ様クラトゥ。

written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス) http://karapaia.com/archives/52288741.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    繁殖犬に残酷な扱いをしている日本のペット業者は、イギリスに行ったら殺されるで。

    1
  • 匿名さん 通報

    テレ朝・(なにこれ珍百景)で、サングラスをかけた繁殖家のデブ男が、数十匹の小さなトイプードルをベビーカーにつなぎ、散歩だと3時間も歩かせていた。小型のプードルは20分くらいでは、『虐待』だよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    英国人は犬が人間の「道具」では無いことをちゃんとわかっている。ペット屋も存在しない。日本は、、、ペット屋が自民党に献金して、規制を逃れてる、、、

    0
  • 匿名さん 通報

    放置された犬や猫たち数百匹死ぬ、新型コロナで閉鎖のペット市場で パキスタン ←ーーーーパキスタン・インドネシア・韓国・北朝鮮・全て親中派でチナの子分。インドネシアでは政府主導で日本人を差別。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。