新型コロナウイルスの重症者を早急に収容。イタリアの建築家が設計したコンテナ型集中治療室

新型コロナウイルスの重症者を早急に収容。イタリアの建築家が設計したコンテナ型集中治療室


 新型コロナウイルスは依然猛威を振るっている。病床数はおろか、重症患者を治療する集中治療室も不足している状態で、なんらかの対策が必要だ。

 そこで、イタリアの建築家カルロ・ラッティとイタロ・ロタが、内部が集中治療室仕様になっている輸送用コンテナを設計した。

 簡単に輸送・連結できるため、世界中で猛威を振るうコロナウィルスと戦う病院の敷地内に素早く設置することができ、最初の試作品がミラノの病院に設置された。
【急増するコロナ感染患者の集中治療室】

 このコンテナは、Connected Units for Respiratory Ailments(呼吸器疾患のための連結ユニット)の頭文字をとってCURAと名づけられた。CURAは、ラテン語で治療(cure)の意味がある。急増するコロナ感染患者の集中治療室を増やすために設計された。

「病院内の集中治療室(ICU)不足や病気の拡散を防ぐため、世界中の都市に素早く設置することできるようにするのが狙いです」CURAチームは説明する。

[動画を見る]
Film by Squint/Opera

 最初に試作品が設置されたのは、コロナウィルス(Covid-19)感染者数がもっとも多かった都市のひとつミラノの病院だった。

【二次感染を起こさぬよう配慮した構造】

 このコンテナを設計したしたのは、イタリアの建築家でエンジニア、マサチューセッツ工科大学の教授であるカルロ・ラッティと建築家のイタロ・ロタだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。