なぜかスーツの上着やシャツだけが売れる現象が発生、その理由は?

       
なぜかスーツの上着やシャツだけが売れる現象が発生、その理由は?


 コロナ危機により、多くの企業ではそれが可能な業務であれば、社員を会社に来させず、在宅勤務やリモートワークに切り替えている所が多い。

 その結果予想外の出来事がおきた。なんと、スーツの上着やシャツなどの売れ行きが伸びていったのだという。

 なんとなくピーンときた人も多いかもしれない。自宅から会議に参加する場合を考えてみよう。ねっ、わかったでしょ。
【トップスだけが売れ行き好調の理由】

 アメリカのメディア、CBSなどが伝えたところによると、ホワイトカラー労働者は、通常職場ではスーツ着用義務など、ドレスコード規定に縛られている。

 しかし、リモートワークとなると、オンライン会議などの時に同僚らと顔を合わせることがあっても、下半身を見られることがない。

 なので全身をスーツに包む必要はなく、上半身だけ勤務スタイルになり、下半身はゆったりとしたスウェットパンツなどを履いて、リラックスした状態を保つという人が急増中なのだそうだ。

[画像を見る]

 世界最大のスーパーマーケットチェーン『ウォルマート(Walmart)』では、まさにその影響を受けており、ここ最近でトップス(上着)の売り上げ増加の一方で、ボトムス(ズボンやスカート)の売り上げは減少したという。

 ウォルマート総務担当ダン・バートレット副社長は、次のように話している。

人々は明らかに腰から上の服装に焦点を当てています。トップスの売上げだけが増加しているという現象は、人々がリモートワークという新しいスタイルに慣れるにつれて変化し、進化し続けていくことでしょう。

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月10日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。