26年間も錆びたナイフが頭に刺さっていた男性、ようやく摘出施術を受け無事成功

26年間も錆びたナイフが頭に刺さっていた男性、ようやく摘出施術を受け無事成功
       


 26年間もの間、強盗に刺され、果物ナイフの刃が頭に刺さったままになっていた中国の76歳の男性が、ついに摘出手術を受け、ナイフを取り除くことに成功した。

 これまで生きていたことが幸運としか言いようのない事例だが、男性は順調に回復しているという。
【1994年、強盗に頭部を刺され以来ナイフが刺さったまま】

 中国北西部、青海省海晏(かいあん)で農業にたずさわっているこの男性のケースは、まさに奇跡そのものだろう。

 1994年に強盗に頭部を刺されて以来、彼はずっと刃渡り10センチほどの果物ナイフの刃が頭に刺さったまま生きてきた。

 一命はとりとめたものの、この刃のせいで右目の視力低下や、慢性的な頭痛など、男性にはさまざまな障害が出ていた。やっと最近になって、ついに彼はこの苦しみから解放されたのだ。

 2012年、あまりに耐えがたい頭痛に、男性は病院へかけこんだ。レントゲンを撮って初めて、およそ10センチの刃が頭蓋に刺さっていることがわかった。しかし、摘出すると命の危険があるとして、医師たちに匙を投げられてしまったのだ。

[画像を見る]

【2020年、ついに摘出施術に】

 2020年3月になって、他県の医師団がたまたま青海省に医療施設の視察に訪れ、この男性のケースが再び注目されることになった。

「青海省への医療視察のときに、偶然にこの男性のケースを知り、彼がただ痛み止めを処方されただけだったことがわかりました」Zhang Shuxiang医師は語る。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月19日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。