小学校が再開された中国では、宋時代の官僚を模した帽子でクリエイティブに社会的距離の実行(浙江省)

小学校が再開された中国では、宋時代の官僚を模した帽子でクリエイティブに社会的距離の実行(浙江省)

中世の官僚帽子を模してソーシャル ディスタンス / image credit: youtube
 1月の終わりに新型コロナウイルス感染が急増した中国は、以降ロックダウン(封鎖)が続いていたが、浙江省では4月に入り学校が再開された。

 しかし、コロナウイルスの蔓延を防ぐため、子供たちは社会的距離の実行として幅1メートルの帽子を被ることが求められた。

 その帽子のデザインは、両脇に長さ50センチの紙を差し込んで作られたもので、宋時代(960年 - 1279年)の官僚が使用していたものを模しているという『The Sun』などが伝えている。
[動画を見る]
Chinese pupils wear one-metre hats to practise social distancing from others

【児童ら、宋時代の官僚をイメージした帽子を被り再登校】

 中国東部浙江省首都、杭州市の銭塘新区にある養正小学校1~3年年生の児童らは、4月26日に登校を再開した。

 新型コロナウイルスによる感染が下火になったとして、中国当局は各地での学校再開を進めているが、集団感染の噂が相次いでいるという。

 そこで、ウイルスの蔓延を防ぐために学校側は子供たちに幅1メートルの帽子の使用を要求した。

 子供たちは、登校が可能になっても適切な衛生環境を維持することを保証するために、互いに物理的な接触を許可されていない。

 ホン・フェン副校長は「『1メートルの帽子を被って1メートルの距離を保つ』という当校のスローガンの宣伝に役立つ」と話しているが、児童らが被っている帽子は確かに「社会的距離」を実行できている。

 というのも、帽子の側面からは長さ50センチの測定ツールが突き出ているからだ。

 ほとんどの児童は段ボールを使って作った帽子を被っているが、中には動物などを作る時に使う長い風船を取り付けているクリエイティブな児童もいる。

 このデザインの発端になったのは、宋時代(960~1279年)の官僚だ。


 ある歴史学者によると、当時の皇帝がこのヘッドギアを生み出したのは、集会中に役人同士が互いに囁くことができないようにするためだったそうで、まさに今の社会的距離の実行には最適の帽子というわけだ。

【サージカルマスク着用と体温スクリーニングも義務付け】

 中国では1月末に新型コロナウイルス感染が急増したため、小・中・高や大学の教育機関は1月29日に中国の旧正月休みが終わっても、授業を再開しないように命じられていた。

 その間、授業はオンラインで行われていたが、最近になって中国全土の市当局は「自由裁量で授業を再開してもいい」という許可を得たため、杭州市の中・高の最終学年の生徒たちは4月13日にクラスに戻り、4~6年生小学生には4月20日に授業を再開した。

 そして4月26日には1~3年生の児童らが再登校になったが、保育園は5月6日からの再開予定ということだ。

 生徒らは、社会的距離の帽子以外にもサージカルマスクの着用を義務付けられている他、定期的に体温スクリーニングを受けなければならないという。

 なお浙江省は、湖北省や広東省に次いで3番目に新型コロナウイルス感染が多い地域となっている。

written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:小学校が再開された中国では、宋時代の官僚を模した帽子でクリエイティブに社会的距離の実行(浙江省) http://karapaia.com/archives/52290409.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。