オーストラリアで初めて発見された珍恐竜「エラフロサウルス」は肉食から草食へと変化する

オーストラリアで初めて発見された珍恐竜「エラフロサウルス」は肉食から草食へと変化する

オーストラリアで初めて発見された恐竜「エラフロサウルス」復元図 Ruairidh Duncan
 オーストラリア、ビクトリア州で発掘されたやたらと首の長い恐竜は、少し変わったヤツだ。

 「エラフロサウルス」は、これまでタンザニア・中国・アルゼンチンから3種しか発見されていない珍しい恐竜で、オーストラリアで化石が見つかったのは今回が初めてだと、スウィンバン工科大学(オーストラリア)のステファン・プロパット氏は説明する。

 体高は小さなヒクイドリ(1.6~2.0メートル)程度。頭から尻尾の先端まで2メートルあり、短い腕には4本の指が生えていた。

 獣脚類に分類されるのだが、このグループは基本的にどの種も肉食である。つまりティラノサウルスヴェロキラプトルの親戚なのである。そのくせ、大人になると肉食から草食へと食生活を変化させていたかもしれないのだ。
【●】

 『Gondwana Research』(5月6日付)に掲載された研究によれば、化石は2015年にメルボルンから南西に車で3時間ほど距離にある「エリック・ザ・レッド・ウェスト」という現場で見つかった。

 化石が発掘されるのは一般に砂漠だが、エラフロサウルスが発見されたのは、海水が押し寄せる海岸沿いの固い岩の中だったというのだから、これもまた珍しい。

 発掘されたのは5センチほどの椎骨(ついこつ)だ。その長く伸びた形状から、最初は翼竜のものとみなされており、現在骨を所蔵するメルボルン博物館でも翼竜として区分されていたという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「オーストラリアで初めて発見された珍恐竜「エラフロサウルス」は肉食から草食へと変化する」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    人類の歯はもともと肉食には向いていない。肉ばっかり食べてる人は大抵病気で早死にしている。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。