あの時助けてあげたアヒルのヒナは、大きくなっても男性と固い絆で結ばれていた(アメリカ)

あの時助けてあげたアヒルのヒナは、大きくなっても男性と固い絆で結ばれていた(アメリカ)

アヒルと男性の友情物語 image credit:cheeriotheduck/Instagram
 アメリカのマサチューセッツ州で、人間の男性と特別な絆を育む1羽のアヒルがいる。ヒナの時に命を救ってもらったことがきっかけで、そのアヒルは男性をとても慕うようになったという。

 鳥のヒナは、孵化して最初に見た「動くもの」を親と見なし、その後ろ追いかける学習現象「刷り込み(インプリンティング)」があることで知られているが、もしかしたらこのアヒルも、男性を親だと思い込んでしまったのかもしれない。

 今では元気に成長したアヒルだが、男性の家と外の世界を行き来して暮らしている。男性が仕事に出かけると共に外に行き仲間と楽しく過ごし、男性が仕事から帰る時間になると必ず家に戻ってくるのだ。
【ヒナの時に命を救われた男性になついた1羽のアヒル】

 マサチューセッツ州エセックス郡にある海辺の町ナハントでアパート経営をしているスティーヴン・ティボーさんは、数年前のある日、アパート敷地内のプールで1羽のアヒル(アオクビアヒル)のヒナが溺れそうになっているところを助けた。

[画像を見る]
 残念ながら、ヒナの近くに母親アヒルの姿はなく、ティボーさんはこのまま放置しておくとヒナは生き延びることができないと思い、自宅へ連れ帰った。

[画像を見る]
 その瞬間、アヒルとティボーさんとの間に絆が芽生えたようだ。あるいは刷り込み現象なのかもしれないが、アヒルは「チェリオ」と名付けられ、ティボーさん家族にとても可愛がられる存在になった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。