死海文書の断片に肉眼では見えない隠し文字を発見(英研究)

死海文書の断片に肉眼では見えない隠し文字を発見(英研究)

死海文書に隠し文字を発見 image by:The University of Manchester
 死海文書は約2,000年前の古文書で古代の宗教写本群である。1947年以降、ヨルダン川西岸地区の洞窟で死海の北西部西岸の洞窟で続々と発見されており、二十世紀最大の考古学的発見ともいわれている。

 主にヘブライ語聖書(旧約聖書)と聖書関連の文書からなる死海文書だが、何も書かれていないと思われていた断片を特殊カメラで調べたところ、肉眼では見えない文字が書かれていることが明らかとなった。

 この断片を所蔵している、イギリスの『マンチェスター大学』が伝えている。

【死海文書の断片に書かれた文字を発見】

 この謎めいた古文書の何百という断片に書かれている内容に関しての解読は進んでいるが、それでもまだその起源については謎が多い。

 最近、20年以上もマンチェスター大学に所蔵されていた、なにも書かれていないと思われていた小さな断片に、古代文字が書かれていたことが判明。

 肉眼ではわからなかったが、特殊カメラでマルチスペクトル画像という技術を使った結果、文字が見えてきた。

[画像を見る]
マルチスペクトル画像技術で見えてきた文字image by:The University of Manchester
 無地だと思われていた問題の断片は、1950年代にヨルダン政府から、リーズ大学の革や羊皮紙の専門家、ロナルド・リード氏の元にもたらされた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。