借金苦に悩み自殺を図ろうとするも怖くてできなかった男性、殺し屋を雇う(インド)

借金苦に悩み自殺を図ろうとするも怖くてできなかった男性、殺し屋を雇う(インド)

殺し屋を雇って自殺に偽装した男性 elslucker/pixabay
 インドのデリーで発見された男性の首吊り遺体。一見自殺のように見えたが、両手を縛られていたことから、警察が殺人事件に切り替えて捜査を開始したところ、この男性を殺害したとされる4人の男たちが容疑者として浮上した。

 この4人、どうやら殺し屋として雇われたようなのだが、その雇い主というのが遺体となった男性だったのだ。『hindustantimes』などが伝えている。
【コロナ禍で借金を抱えていた男性】

 インドのデリー東部で食料品店を経営していたガウラフ・バンサルさん(37歳 報道により40歳とも)は、コロナ禍の影響で莫大な借金を抱えることとなり、その返済に行き詰っていた。

 精神状態にまで大きく影響を受けたバンサルさんは、うつ状態となり、絶望した結果自分の命を絶つことを決心した。

 6月9日に家を出たまま行方不明となったバンサルさんを心配した家族は、10日に地元警察に行方不明届を提出。

 その後間もなくして、変わり果てたバンサルさんの姿が発見された。

[画像を見る]
geralt/pixabay
【自殺?それとも殺人事件?】

 10日の午前8時半頃、デリー郊外のナジャフガル地域にある湖近くの木で首を吊った男性の遺体が発見された。

 ポケットのID(身分証明書)から、すぐにバンサルさんであることが判明し、訃報を受けた家族らは大きなショックを受けた。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。