心で思い浮かべたイメージを脳で視覚化できない「アファンタジア」の症状を持つ人は他の感覚にも違いがあることが判明

心で思い浮かべたイメージを脳で視覚化できない「アファンタジア」の症状を持つ人は他の感覚にも違いがあることが判明

アファンタジア/ Pixabay
昨日の食べた晩ごはんのことを思い出してみよう。もしくは家の玄関に置いてある靴でもいい。頭の中に、料理や靴の形や色合いが浮かんでくるはずだ。

だが、これができない人がいる。毎日使っている者、見ているはずのものなのに、いざ頭の中で思い浮かべようとしても、その色も形状も視覚化できない。この症状は「アファンタジア」と呼ばれ全体の2~5%が当てはまると考えられている。


Scientific Reports』(6月22日付)に掲載された最新の研究によると、アファンタジアの人は記憶だけでなく、聴覚や触覚、味覚、運動感覚など、他の感覚をイメージする力も弱いことがわかったという。
【アファンタジアを持つ人は未来をイメージする力も弱い】

アファンタジアという症状自体は1880年にはすでに知られていたが、名称が与えられたのは比較的最近という、いわば古くて新しい症状だ。

[動画を見る]

アレクセイ・ドーズ氏(オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学)らは、自身がアファンタジアだと称する267名を含む計667名に、視覚化・記憶・夢・トラウマに関する質問をしてみた。

質問はたとえば、「記憶をどのくらい鮮明にイメージできるか?」といったものだ。これに対して、「記憶はあるが、まったくイメージできない」や「目で見ているものと同じくらい鮮明」といった選択肢で回答する。

その結果、アファンタジアの人は過去を思い出す力だけでなく、未来をイメージする力も弱いことが分かったという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。