生まれてすぐに保護された子猫、保護施設から仮里親を経て永遠の家族の元へ。その家族はなんと!(アメリカ)

生まれてすぐに保護された子猫、保護施設から仮里親を経て永遠の家族の元へ。その家族はなんと!(アメリカ)

猫と人の不思議な縁 image credit:dcfostermomsusie/Instagram
 今年4月、生まれて間もない子猫が母猫に捨てられていたところを、近所に住む1組のカップルに救助・保護された。

 子猫は直ぐに保護施設に託された。施設から里親ボランティア(仮里親)のもとへ預けられ子猫は、愛情たっぷりのお世話を受け、すくすくと成長し、やがて仮里親のもとから去ることになる。永遠の家族が見つかったのだ。

 運命の出会いとか、縁って本当にあるのかもしれない。子猫の家族となったのは、なんと、最初に子猫を発見したカップルだ。
【生まれて2日目の子猫が保護される】

 アメリカのワシントンD.C.で、カップルが近所で小さな子猫を発見した。どうやら子猫は生まれて間もない様子で、母猫に放棄されてしまったようだった。

[画像を見る]
 カップルは子猫を保護すると、すぐに動物救済施設『Humane Rescue Alliance』に連絡した。施設に引き取られた子猫は、その後、仮里親として里親ボランティアをしているスージーさんの世話を受けることになった。

[画像を見る]
 施設では、ペチュニア(Petunia)と呼ばれていた生後2日目の子猫に、「ツナ(Tuna)」というニックネームをつけたスージーさん。

 ツナがとてもよく鳴き、抱っこしてもらうまで気を引きたがるかなり甘えん坊な性格であることに気付いた。

 ツナは、スージーさんが自宅で仕事中の時にも、膝の上に乗りたがり、甘えた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。