7月の満月はバックムーン。7月5日、空を見上げて新たなる目標を掲げよう

       
7月の満月はバックムーン。7月5日、空を見上げて新たなる目標を掲げよう


 月は裏切ることなく今月も満月を見せてくれる。7月5日(日)その瞬間は13:44だ。梅雨時だし、あいにくの天気となるようだが、それでも月は太陽との黄経差を180度にして地球に向かって輝いてくれる。

 満月の時、月のパワーは最高潮に高まる。雲に隠れて見えなくてもそのパワーは健在だ。過去1か月の自分を振り返り、新たなる目標に向かって進みだせる良い区切りとなってくれる。

 7月の満月はバックムーンと呼ばれている。バックはオスの鹿を意味する。 
【7月の満月はバックムーン】

[画像を見る]
Pixabay
 かつて、北米に住むネイティブアメリカンたちは、それぞれの満月に名前を与えることで季節を認識し、農業に役立てていた。アメリカの農業暦(The Old Farmer’s Almanac)によると、7月の満月はバックムーン(Buck Moon)と呼ばれている。

 バックは牡鹿(オスの鹿)の意味で、この時期、毎年牡鹿のツノが生え変わることからこの名がついた。他にも、嵐が多く発生することから、サンダームーン(雷月)とも呼ばれる。

■7月満月の日時
7月5日(日曜日)13:44

 尚、日本では見ることができないが、南太平洋から南アメリカ大陸の帯状の地域では皆既月食を見ることができる。

 お天気も冴えない感じなので、海外からのYoutubeのライブ映像を見るという選択肢もある。

[動画を見る]
Penumbral Lunar Eclipse - 5th July 2020 - Live Streaming Feed

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。