太陽の250万倍明るい「巨星」が忽然と消失する謎の現象が観測

太陽の250万倍明るい「巨星」が忽然と消失する謎の現象が観測

巨星が跡形もなく消えるミステリー image by:ESO
 謎に満ちた宇宙でまたも新たなミステリーが観測されたようだ。太陽の250万倍も明るかった巨大な星が、忽然として姿を消してしまったのだ。

 『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』(6月30日付)に掲載された研究では、この失踪事件の謎について推理が展開されている。

 はっきりしたことは分からない。だが可能性の1つとして、その星が死んだとき、超新星になることなくブラックホールになってしまったという線が考えられるそうだ。

 仮にこれが正しいのだとすれば、「このようにして生涯を終えた怪物のような星の姿を初めて直接検出した」事例になると、アンドリュー・アラン氏(アイルランド、ダブリン大学トリニティ・カレッジ)は声明の中で述べている。
【高光度の青色変光星が忽然と消え去る】

 問題の星は、地球から7500万光年離れたみずがめ座方向にある矮小銀河「PHL 293B(キンマン矮小銀河)」に位置している。一生の終わりに近く、明るさが気まぐれに変化する巨大な恒星で、いわゆる「高光度青色変光星(LBV)」と呼ばれる変光星の仲間だ。

 2019年、アラン氏らは、高光度青色変光星の格好の事例であるこの星をさらに研究するべく、ヨーロッパ南天天文台の超巨大望遠鏡VLTを覗いてみた。すると、そこにあったはずの場所から忽然と姿を消していたのだ——。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。