100年前の東京の人々の暮らしがカラー映像で鮮明によみがえる(大正時代)

100年前の東京の人々の暮らしがカラー映像で鮮明によみがえる(大正時代)


 以前カラパイアお伝えした、1913年から1915年(大正2年~4年)に東京の人々を撮影した映像が、最新AI技術のニューラルネットワークを用い、カラー化、高画質化され、新たに公開された。

 デジタルリマスターされた映像は、当時の東京で暮らす人々を鮮明によみがえらせている。 

[動画を見る]
[60 fps] Views of Tokyo, Japan, 1913-1915

 古い時代のフィルム映像をデジタルリマスターすることで高画質化する試みは近年盛んにおこなわれている。

 ニューラルネットワーク(脳の神経回路をモデル化した分散情報処理システム)を用い、経年劣化した画質やノイズを修正し、フレームレートを60fpsにすることで、古い映像にありがちなぎくしゃくした動きをスムーズにする。

 更に顔認識機能でより鮮明に顔の表情がわかるようにし、カラー化させることで、映像をよみがえらせた。

[画像を見る]

【好景気に沸いた大正時代】

 映像は、今からおよそ100年前、1913年から1915年(大正2年~4年)の日本の東京の人々の暮らしを映したものである。

 その間となる1914年に第一次世界大戦が勃発し、日本も日英同盟を理由に参戦。ヨーロッパが戦場となったこの戦いで、日本とアメリカの両新興国家が物資の生産拠点として貿易を加速させた。

 1915年より、日本経済は空前の好景気となり、大きく経済を発展させた。のちに「大正バブル

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「100年前の東京の人々の暮らしがカラー映像で鮮明によみがえる(大正時代)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    その後、帝国主義にかぶれてアジアで1000万人殺した。

    2
  • 匿名さん 通報

    ベトナムから食料を輸入して現地人を数十万人餓死させたが教科書ではその事実を教えない。ウヨに良心はない。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。