スマホ漬けの人ほど催眠術にかかりやすいことが判明。その没入感は催眠のトランス状態と同じ(カナダ研究)

       
スマホ漬けの人ほど催眠術にかかりやすいことが判明。その没入感は催眠のトランス状態と同じ(カナダ研究)

スマホ依存率が高いほど催眠術にかかりやすい /iStock
 とにかくスマホが手放せず、近くにないと不安になる。いつでもどこでも、寝る間際まで、気がつくとスマホに夢中になっている。いわゆるスマホ依存症というやつだが、そんな人ほど催眠術にかかりやすいという研究結果が報告された。

 時間を忘れてスマホに没頭しているとき、それは催眠によるトランスと同じような状態にあるのだそうで、スマホ漬けになりやすい人ほど、催眠による暗示に従いやすいのだという。

【3つの共通点―没入感・時間感覚の喪失・自動性】

 マギル大学(カナダ)をはじめとするグループの本研究は、世界で初めてスマホ依存症と催眠との関係を調べたものだ。

 同グループによると、スマホの濫用と催眠術には、「没入感」「時間感覚の喪失」「自動性」という3つの共通点があるという。

 スマホのヘビーユーザーは、気がつくと(自動性)時間を忘れて(時間感覚の喪失)画面に夢中になって(没入感)してしまう。こうした特徴からは、そうした人が催眠によるトランスに似た状態にあることがうかがえる。

 ならば、日頃からスマホ漬けの人は、もしかしたら催眠術にかかりやすいかもしれないと研究グループは考えた。

[画像を見る]
iStock
【スマホの依存度が高いほど催眠術にかかりやすいことが判明】

 研究では、大学生641名(平均年齢21歳)に催眠術を利用した実験に参加してもらった。

 まず学生に催眠状態に導くよう作られた45分の音声を聞いてもらう。それから「あなたは頭が前に落ちてしまいます」や「しばらく目を開けることできません」といった類の暗示を12種類出す。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。