今後20~40年以内に人類文明社会は90%の確率で崩壊する。理論物理学者が予測(英・チリ共同研究)

       
今後20~40年以内に人類文明社会は90%の確率で崩壊する。理論物理学者が予測(英・チリ共同研究)

文明崩壊まであと数十年 / Pixabay
 これはもう、カウントダウンに入っている状態なのかもしれない。複雑系を専門とする2人の理論物理学者が導き出した結論はこうだ。

世界的な森林破壊によって今後20~40年で人類の文明は元に戻ることのできない、不可逆的な崩壊へいたる

Scientific Reports』(5月6日付)に掲載された研究論文によれば、このまま森林を破壊し続ければ、21世紀前半のうちに、地球は膨れ上がった人口を支え続けることができなくなるという。
【森林が完全に消え去るよりも前に、社会は崩壊すると予測】

 論文では次のように述べられている。

このままいけば、すべての森林がおよそ100~200年後に消失するだろう。しかし、人間社会に森林破壊の影響が出始めるのが最後の木が切り倒されてからだなどという妄想は、明らかに非現実的なものだ

 森林が完全に消え去るよりも前に、社会は崩壊する。森林破壊によって、人間が地球上で生存するために不可欠な生命維持システムが影響を受けるからだ。

 炭素の貯蔵、酸素の生産、土壌の保持、水の循環調整、自然や食糧生産の基盤、無数の種の生息地など、その影響は多岐にわたる。

[画像を見る]
Pixabay
【文明崩壊が回避される確率はわずか10%】

 アラン・チューリング研究所(イギリス)のジェラルド・アキーノ氏とタラパカ大学(チリ)のマウロ・ボローニャ氏による研究は、人口の増加ならびに資源消費の指標としての森林破壊の現在のペースをモデル化し、文明が
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「今後20~40年以内に人類文明社会は90%の確率で崩壊する。理論物理学者が予測(英・チリ共同研究)」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    プルトニウムは収縮方向にて熱線を放つ。それは重力により熱が生まれることにほぼ相当する。負の膨張にあるように,熱の生誕が収縮を意味する訳だ

    11
  • 匿名さん 通報

    プルトニウムは収縮方向にて熱線を放つ。それは重力により熱が生まれることにほぼ相当する。負の膨張にあるように,熱の生誕が収縮を意味する訳だ

    11
  • 匿名さん 通報

    原子の解離や,膨張を意味する運動エネルギーを持つものを,地球に元々あるやエコと撒き散らし,見かけの質量は保存すれど,保存の過程で生誕する熱や体積・質量・圧力以下状態の変化を無視する馬鹿など

    11
  • 匿名さん 通報

    森林の破壊を待たずして崩壊するさ

    11
  • 匿名さん 通報

    気温の上昇とは古代からずっと存在してきたものだが。上昇というのは傾きを持つ。その傾きが異常に上昇した時代と核兵器の生誕時期はピタリと一致する

    11
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月31日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。