先史時代、オーストラリアの海に存在した巨大ウミサソリの最新研究

       
先史時代、オーストラリアの海に存在した巨大ウミサソリの最新研究

image by:巨大ウミサソリ WIKI commons
 人類が誕生する以前、地球上には巨大生物が多く存在していた。恐竜が誕生するさらに前、「古生代(5億4100万年前から2億5200万年前)」には、昆虫、甲殻類、サソリ、カブドガニといった外骨格をもつ節足動物には、とてつもなく大きいものもいた。

 当時、地上最大の節足動物のひとつと言われていたのが、巨大ウミサソリ(Eurypterida)の仲間だ。中には2.5メートルを超える種もいたと考えられている。

 『Gondwana Research』で公開された最近の研究では、かつてオーストラリアに生息していた6種のウミサソリについての詳細情報が明らかになったようだ。
[動画を見る]
When Giant Scorpions Swarmed the Seas

【想像してごらん、人間サイズの海に住むサソリの姿を】

 ウミサソリの仲間には、全長2.5メートルもあるような「ヤエケロプテルス(Jaekelopterus)」など最大級のものがいた。現代のホオジロザメのように、当時は、このような大型生物が同じ場所の食物網の中で効果的に存在していた。

 彼らは機敏に泳ぎ、ツメのついた大きな前肢を使って獲物をつかみ、足についている歯のようなもので獲物を砕いたと思われる。

 これら大型生物が実際になにを食べていたかははっきりはわからないが、魚や小さな節足動物だっと思われる。もし当時、人間がいたら、彼らのエサになっていたかもしれない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。