なぜ犯罪現場に無関係の人の衣服の繊維が残されるのか?その謎に迫る(英研究)

なぜ犯罪現場に無関係の人の衣服の繊維が残されるのか?その謎に迫る(英研究)
       

殺人現場に残された無関係な人の衣類の繊維の謎/iStock
 あなたが来ている衣服の細かい繊維は、いたるところに付着する。これは「繊維の転移(fiber transfer)」と呼ばれており、目には見えなくても、あなたの痕跡をそこらじゅうに残しているのだ。

 こうした繊維は、犯罪捜査においてもっとも重要な証拠の1つとされる。被害者の衣服に付着したものなど、現場に残された繊維を元にしてこれまで数々の凶悪事件が解決されてきた。

 だが、繊維とその出どころとのつながりを明らかにしただけでは、問題の半分しか解決されない。まったく無関係な人の衣類の繊維が、犯罪現場に残されているケースもあるのだ。その繊維が一体どのようにしてそこに付着したのかを明らかにしなければ、冤罪を生み出してしまう可能性がある。
【触れなくても起きる「繊維の転移」】

 今日まで、「繊維の転移」が起きるのは、2つの表面が接触したときだけであると考えられてきた。たとえば、抱き合えばシャツとシャツが触れ合うだろうし、ソファに座ればズボンとソファが触れ合う。

 だが、どうもこれ以外の原因もあるらしいことが分かってきたのだ。

 『Forensic Science International』(8月14日付)に掲載された研究では、また別の形で繊維の転移が起きることを実証している。それは「非接触空中転移」だ。読んで字のごとく、触れることなく、衣服から衣服へと繊維が移るケースである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。