絶滅危惧種の馬「モウコノウマ」のクローンが誕生。40年前に冷凍保存した遺伝子サンプルから現代に蘇る(アメリカ)

絶滅危惧種の馬「モウコノウマ」のクローンが誕生。40年前に冷凍保存した遺伝子サンプルから現代に蘇る(アメリカ)
       

モウコノウマのクローンが誕生 image by:Gen Pets & Equine/Instagram
 2020年8月6日に世界で初めて「モウコノウマ」のクローンが誕生した。クルトくんと名付けられたこのウマには一族の存亡がかかっている。

 クルトくんは40年前に冷凍保存された遺伝子のサンプルを使用しクローンとして誕生した。体に宿っている遺伝子は、モウコノウマから失われた遺伝的多様性を蘇らせるための鍵だと考えられている。
【絶滅危惧種「モウコノウマ」】

 中央アジアの草原地帯が原産の「モウコノウマ」(学名 Equus ferus przewalskii)は、かつて現存する唯一の野生馬(家畜化されていない馬)だと考えられていたこともある貴重な馬だ。

 第二次世界大戦以降、狩猟・家畜との競合・厳冬といった要因によって生息数が激減し、もはや飼育されているものしか生き残っていない。

 野生のモウコノウマが最後に目撃されたのは1969年のことで、野生ではこの頃に一度絶滅したと考えられている。

 幸いにも、動物園にはまだ生き残りがいる。1899~1902年および1947年に捕獲された計12頭のモウコノウマを繁殖計画にしたがって増やし、現在では2000頭近くが各地で飼育されている。

繁殖計画が進められているモウコノウマ
[画像を見る]
iStock
【個体数の激減による遺伝的多様性の喪失】

 ただし、そうして繁殖されたモウコノウマには遺伝学でいう「

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。