育児放棄された2頭の子ライオンの育ての親となったのはジャーマンシェパードだった(ロシア)

育児放棄された2頭の子ライオンの育ての親となったのはジャーマンシェパードだった(ロシア)
       

ジャーマンシェパード、子ライオンを育てる image credit:lionspark.ru/Instagram
 ロシアの野生動物公園に飼育されているアフリカライオンが、2頭の子供を出産した。しかし、母ライオンは、生まれた2頭の子供の世話を十分にできず、子ライオンが日に日に弱っていくのを見た飼育員らはあるアイデアを思い付いた。

 それは、最近出産したばかりのジャーマンシェパードに里親代わりになってもらうというもので、2頭の子ライオンを引き合わせてみたところ、犬は子ライオンを家族として受け入れたという。『UNILAD』などが伝えている。
【母ライオン、2頭の子育てを放棄】

 ロシアのウラジオストク内にある野生動物公園『ホワイトライオンパーク』で飼育されているアフリカライオンのシロナは、最近2頭の子供を出産したが、子育てを放棄してしまった。

[画像を見る]
 園のディレクターであるヴィクトル・アガフォノフさんによると、シロナはもともと非常に内向的で控えめな性格で、子育てに対してもそれが顕著に出てしまったようだ。

[画像を見る]
シロナの我が子への態度は、明らかに普通とは異なっていました。子供に噛みついたりして、1頭には傷もありました。このままでは子供を殺してしまうのではと思えるような態度を取っていました。

 2頭の子ライオンは、母親から母乳を貰うこともできず、栄養失調で脱水症状を起こしてしまったという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。