男の子発達の科学。性染色体に隠されていたパーツを発見、マウス実験で(日本研究)

男の子発達の科学。性染色体に隠されていたパーツを発見、マウス実験で(日本研究)
       

男性がどのように発達するのか驚くべき発見/ Pixabay
 多くの生物にとって、子孫を残すためにはオスとメスが必要だ。人間をはじめとするほとんどの哺乳類の場合、両親からXとYの性染色体を受け継げばオスに、XとXを受け継げばメスになる。

 このY染色体の中にあって、胚の発達をオスに決定する遺伝子が「SRY(Sex-determining Region Y)」である。

 まさに男の子に育つスイッチのような遺伝子で、特定の遺伝子を活性化させて精巣の形成をうながす(精巣はさらに他のオスの特徴の発達させる)。90年代のオリンピックでは性別の判定にSRY遺伝子の有無を利用していたこともあるくらいだ。

 『Science』(10月2日付)に掲載された研究によれば、この遺伝子について発見以来30年間知られていなかった隠されたパーツが発見されたという。それは"か弱い"オスの遺伝子を守るための仕掛けであるそうだ。

【RNAに伝えられる情報――エクソン】

「DNA」に書かれている情報からタンパク質を作り出すには、まず「RNA」にその内容をコピーしなければならない。このとき、DNAの情報を受け取り、タンパク質の鋳型となるのが「メッセンジャーRNA(mRNA)」だ。

 DNAから情報を受け取ったmRNAは、そのまま鋳型になるわけではなく、いくつか加工(スプライシング反応)されて一部が切り捨てられる。このプロセスでmRNAに残される部分を「エクソン」という。
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。