遺物の呪い。ポンペイ遺跡から盗んだ出土品を返還した女性、15年間呪いに苦しむ

15年間呪いに苦しんだ女性が遺物を返還/iStock
 79年のヴェスヴィオ火山の大噴火の影響で壊滅的被害を受けた、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市「ポンペイ」。

 その歴史的遺跡を15年前に訪れたカナダ人女性は、あろうことか遺物である出土品を持ち帰っていた。ところが、それからというもの女性の身に相次ぐ不幸降りかかってきたのだという。

 そこで女性は、現地の旅行会社宛てに謝罪の手紙と共に盗んだ遺物を返還した。手紙には、遺物による呪いが長年女性を苦しめていたことが切々と綴られていたそうだ。『The Guardian』などが伝えている。

【多くの住人の命が埋もれているポンペイの遺跡】

 紀元79年、ヴェスヴィオ山の大噴火の火砕流と噴出物により、わずか19時間で完全に地中に埋まった古代都市、ポンペイは、1748年に本格的な発掘がスタートするまで、実に1700年という長い間、その存在が地中深くに眠っていた。

 その後の発掘調査で、多くの人が地面に埋もれ命を失ったことが明らかとなった。同時に当時の暮らしがわかる様々な出土品も掘り起こされ、それらは知られざる過去の歴史を紐解く魅力的な遺物となっており、この地を訪れる観光客も多い。

[画像を見る]
DUOTONE_/pixabay
【遺物を盗み持ち帰った女性、15年間「呪い」に苦しんだと主張】

 カナダに住むニコールと名乗るその女性は、15年前にポンペイを観光で訪れた。