5000年前の仮面をつけた謎の小像が遺骨とともに発見される(ロシア・シベリア共同墓地)

5000年前の仮面をつけた謎の小像が遺骨とともに発見される(ロシア・シベリア共同墓地)

仮面をつけた謎の小像 image by:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography
 5000年前のシベリアの共同墓地で、仮面をつけた奇妙な小像が発見された。その像は、粘土で作られており、顔を下に向けた状態で埋葬されていた女性の肩のあたりに置かれていた。

 謎めいているのは、像の体の真ん中がくりぬかれていることだ。中には、青銅の皿や未知の有機物が納められており、またひとつ、考古学の謎が増えたようだ。
【オディノフ文化の謎の埋葬儀式】

 今年の夏、西シベリア、ノヴォシビルスクの共同墓地から仮面をつけた人型の小さな像が発見された。この墓は、青銅器時代のオディノフ文化を生きた人々のもの。この名前は、西シベリアを流れるイシム川下流近くのオディノと呼ばれる集落にちなんで名づけられた。

 オディノフの人々は、おもに狩りや魚釣りで生活していたが、羊、馬、ウシなどの動物も飼っていたようだ。彼らは、川や小川のある平坦な土地の森林や草原に囲まれた場所で、独立したコミュニティとして暮らしていたと言われている。

 この興味深い小像は、男性の上に顔を伏せて横たわっていた女性の肩の近くに置かれていたという。このふたりは、埋葬される前に一度燃やされた樺の樹皮で包まれていた。ふたりの遺骨のすぐ下からは、別の男女も遺骨も見つかっていて、このような多層埋葬の風習はオディノフ文化では一般的だったようだ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。