これがあの世の地獄かな?溶岩の海に岩の雨が降り注ぐ溶岩惑星「K2-141b」(米研究)

これがあの世の地獄かな?溶岩の海に岩の雨が降り注ぐ溶岩惑星「K2-141b」(米研究)
       

地獄のような環境を持つ溶岩惑星「K2-141b」を発見/iStock
 太陽系の中にも過酷な環境の惑星はあるが、主星に近すぎてドロドロに溶けたマグマの海を煮えたぎらせた溶岩惑星の前では霞んでしまうかもしれない。

 その溶岩惑星は「K2-141b」で、地球から200光年の彼方にある恒星「K2-141」をわずか6.7時間で公転している。

 分類上は「スーパーアース*」(岩石や金属で構成され、地球の数倍から10倍程度の大きさの系外惑星)に区分されるが、溶岩惑星の名は伊達ではない。地表は深さ100キロというマグマの海におおわれ、その上空を時速5000キロもの突風が吹き荒れ、溶岩の雨が降る。

 発見されたのは2018年のことだが、このほど米ニューヨーク大学をはじめとする研究グループが、その分析結果を『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』(11月3日付)で報告している。
【岩が蒸発する灼熱地獄】

 溶岩惑星「K2-141b」の輝きのパターンが分析されたところ、表面の3分の2は永遠の昼であることが判明。その軌道が主星に近いために「潮汐ロック」されて、常に同じ面を向けているからだ。

 もちろん恒星に近いからには温度も尋常ではない。昼側の温度は3000度と推定されており、岩が溶けるどころか、蒸発してしまう。そのためにK2-141bをおおう薄い大気は蒸発した岩石によって構成されている。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。