代替肉は海から採取。昆布を使って作る昆布肉バーガー(アメリカ)

代替肉は海から採取。昆布を使って作る昆布肉バーガー(アメリカ)
       

昆布から作る昆布肉 image credit:Akua
 近年、環境を配慮した二酸化炭素削減対策が進んでいる。食生活の中でも、肉の代替品として植物由来の肉培養肉が注目を浴びていることは、これまにでカラパイアでもお伝えした通りだ。

 アメリカのメイン州にある企業は、土地の劣化や空気・水の汚染を軽減し、二酸化炭素を削減するための手法として、海の海藻“ケルプ”を使った「昆布バーガー」を開発中だ。

 持続可能な海洋生物を使用した食品は、経済的にも環境にもやさしく、地球に利益をもたらすことが期待されている。『Fast Company』などが伝えている。
【海の昆布を肉の代用品に】

 陸の樹木が巨大な炭素吸収源となるように、海中のワカメや昆布などの海洋生物も「ブルーカーボン」と呼ばれ、近年では環境対策に大きな関心が寄せられている。

 アメリカのメイン州を拠点とし、海藻を使った「昆布ジャーキー」を既に販売している企業『Akua』は、このほど一歩進んだ「昆布バーガー」の開発を手掛けていることを発表した。

[画像を見る]

 Akuaの共同創設者でCEO(最高経営責任者)のコートニー・ボイド・マイヤーズさんは、このように話している。

海藻に惹かれた理由は、複数あります。まず、健康にいいということ。そして、環境にもいい。

海藻を使ったフードシステムを考えると、海藻は成長するために乾燥した土地や淡水、肥料を飼料を必要としません。地球で食料を供給するために、費用のかからない食料を豊富に育てることができれば、最高でしょう。

昆布農場は、自然に多くの炭素を隔離するため、市場に昆布農場が拡大すれば更に多くの二酸化炭素排出を吸収するのに役立ち、それは大きな経済的影響をもたらします。

漁師たちも漁業への負担が軽減し、海のガーデナー(庭師)として生計を立てることが可能になる日も来るかもしれません。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。