怒りで頭に血が上っていると、嘘の情報に騙されやすくなる(米研究)

怒りで頭に血が上っていると、嘘の情報に騙されやすくなる(米研究)

怒っていると誤った情報に騙されがち/iStock
 「短気は損気」ということわざがあるが、確かにちょっとしたことでカッと頭に血を上らせない方がよさそうだ。

 人間は間違える生き物で、記憶にエラーを起こしやすいことは知られているが、『Experimental Psychology』に掲載された研究によると、怒っているときはいっそうその傾向が強まるという。怒りの状態にあると、誤った情報に対する脆弱性が高まるという。
【怒りが認知に与える影響を実験】

 米フラミンガム州立大学のマイケル・グリーンスタイン助教は、「怒りは興味深い感情です。昔から好ましくない感情とされてきましたが、それが認知に与える影響は、好ましいとされてきた感情といくつも似た点があります」と語る。

 同助教らによる実験では、79人の参加者に1991年のラブコメ映画『Defending Your Life(あなたの死後にご用心!)』のワンシーンを11分間観てもらい、それから難しい認知テストと研究者との面接を受けてもらった。

 ただし認知タスクと面接の際、研究者は参加者のグループに応じて態度を変えていた。一方のグループに対しては、やるべきことを手際よく説明し、面接も礼儀正しく行った。

 しかしもう一方のグループに対しては、テストの説明は不手際で要領が悪く、しかも面接では侮辱的な言葉を使ったりとかなり無礼な態度がとられた。つまり参加者をわざと怒らせるように振る舞ったのだ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク