新型コロナワクチン接種はどれくらい進んでいるのか?世界の接種状況がリアルタイムで分かるサイト

新型コロナワクチン接種はどれくらい進んでいるのか?世界の接種状況がリアルタイムで分かるサイト
       

世界の新型コロナウイルスワクチン接種状況 Our World in Data
 新型コロナの大流行は未曾有の危機であったが、人類はわずか1年という短期間でワクチンを完成させるという離れ業をやってのけた。様々な変異種も確認されたようだが、幸いなことにファイザー社のワクチンは、南アフリカと英国で出現した突然変異に対しても効果があるとする研究結果も報告されている。

 しかしある意味ここからが本番と言えるかもしれない。完成したワクチンを世界中の人々に迅速に送り届けるのは、開発とはまた違った困難をともなう作業だ。しかもワクチンは約4週間の接種間隔をあけて2回接種しなければならない。多くの人が接種し終わるにはかなりの時間を要するだろう。

 では現在、世界ではどれくらいワクチン接種が進んでいるのか?『Our World in Data』では、世界のワクチン接種状況を地図やグラフにして随時公開している。

 
【これまでの累計予防接種回数】

 「Our World in Data」で公開されているデータによれば、1月11日現在(データは随時更新される)、ワクチンを接種した人が一番多いのは中国で、21年1月9日の時点で900万人。次がアメリカで669万人(8日時点)。新型コロナの予防接種を受けた人の総数では、この2国が先行している。

 なおワクチンによって免疫を得るには2度の接種が必要になる。このデータは予防接種を受けた回数であって、免疫を獲得した人のものではない。1回の接種を1としてカウントしている為、総接種者数と一致しない場合があることをあらかじめ理解しておこう。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。