犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。
       


 右足を骨折してしまい、ギブスをはめ、松葉杖生活を送っていたイギリス、ロンドンに住むラッセル・ジョーンズさん。

 その怪我を誰よりも心配していたのは9歳の愛犬のビルだった。

 ある日突然ビルは片方の足を引きずって歩くようになった。怪我か病気になったんじゃないかと心配したラッセルさんだが、獣医に見せても何の異常はない。

 ビルは、体が不自由になっているラッセルさんの気持ちに共感し、真似をして同じように足を引きずって歩いていたのだ。
[動画を見る]
Why Dogs Are Truly Amazing - Dog Copies Owner Out of Sympathy!

【飼い主の骨折後、足を引きずって歩くようになった犬】

 古くから共に過ごしてきた犬と人間には特別なつながりがあるようだ。犬は人間の親友とも言われているが、それを証明するかのような映像が公開されていた。

 ラッセル・ジョーンズさんの飼い犬、ラーチャー種のビル(9歳、オス)は、ラッセルさんが骨折し、ギブスを装着して杖で歩く姿になってから、ある日突然びっこで歩くようになった。

 身体的な病気があるんじゃないか心配したラッセルさんは、獣医に連れて行き検査をし、レントゲンを撮ってもらったがどこにも異常はなかった。その費用は300ポンド(4万2千円)かかったそうだ。

 ラッセルさんの妻、ミシェルさんはあることに気が付いた。

 ビルがびっこで歩くのはラッセルさんと一緒にいるときだけで、ラッセルさんがいないときには普通に歩いているという。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。