新型コロナウイルスが怖くて搭乗できず。空港に3か月住み着いていた男性がついに逮捕(アメリカ)

新型コロナウイルスが怖くて搭乗できず。空港に3か月住み着いていた男性がついに逮捕(アメリカ)


 映画『ターミナル』では、トム・ハンクス演じる男性が空港で留まることを余儀なくされてしまうというストーリーだが、シカゴの国際空港で逮捕された男性は、自らの意思で空港内に留まっていたようだ。

 その男は、「コロナが怖くて飛行機に搭乗できなかった」と話しており、3か月もの間、偽のIDバッジを身に着け、空港の保安区域に出入りし、毎晩ゲートエリアの長椅子で眠っていたという。『Oddity Central』などが伝えている。
[動画を見る]
Officials: Man lived inside O’Hare Airport for 3 months before detection

【コロナが怖くて3か月間空港で住み続けた男】

 1月16日、シカゴ・オヘア国際空港の保安区域で、誰にも気づかれることなく3か月もの間住み着いていた男が逮捕された。

 アディチャ・シン(36歳)は、2020年10月19日にロサンゼルスからオヘア空港に到着した。失業者のシンが、なぜシカゴに来たのかは現時点では不明だが、逮捕後の発言では、シンは「コロナが怖くて飛行機に搭乗できなかった」と話していたという。

 1月16日、シンはユナイテッド航空の職員2名に身分証の提示を求められ、身に着けていたバッジを見せた。

 しかし、そのバッジは去年10月26日に、他の職員が紛失し届を出していたものであり、偽のIDバッジを所持しているとしてシンは警察に通報された。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。