SFファンタジー!シンボルタワーに照写された没入感MAXの驚異的なバーチャルライトショー(アメリカ)

SFファンタジー!シンボルタワーに照写された没入感MAXの驚異的なバーチャルライトショー(アメリカ)
       


 新型コロナの影響は2021年を迎えた現在もなお計り知れず、世界各地で本来なら盛大に行われていたはずの年末年始のイベントも変更や中止を余儀なくされた。
 
 そんな中アメリカのワシントン州シアトルは、2020年の大みそから新年にかけて都市の中心にあるシンボルタワー、スペースニードルを舞台に先端技術を用いたバーチャルライトショーを開催。

 恒例のカウントダウン花火の代わりに、テレビで鑑賞できるダイナミックなデジタルスペクタクル映像で2021年を祝ったシアトル。途方もなく見事で美しい光のショーをご覧いただこう。
[動画を見る]
T-Mobile New Year's at the Needle 2021 from Space Needle

【今年は家で新年を!驚異のバーチャルライトショー】

 シアトル市の中心にそびえたつスペースニードルの高さはおよそ184m。空飛ぶ円盤がモチーフともいわれるこの塔は、1962年にシアトルの万国博覧会のときに建造されたもので、アメリカのランドマークの一つになっている。
 
 超高層タワーがいくつもある今となってはそれほど高い塔とはいえないが、当時はアメリカでも屈指の未来的な高層タワーとして反響を呼び、大勢の観光客が展望台に押し寄せた。

 そんなスペースニードル恒例の年末年始打ち上げ花火イベントは市民にとってかかせないものだったが今回はコロナで中止に。その代わりスペースニードルを舞台に幻想的なバーチャルライトショーが開催された。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。