スターバックスも参戦。アメリカで進む新型コロナワクチン接種の民間支援

スターバックスも参戦。アメリカで進む新型コロナワクチン接種の民間支援

スターバックスとマイクロソフト、新型コロナのワクチン接種支援 iStock
 アメリカ国内では新型コロナウイルスのワクチン接種が迅速に普及するよう、民間企業が様々な形で支援することを表明している。

 ワシントン州ではスターバックスやマイクロソフトといった企業が支援を表明、スターバックスでは、専門家11名をワクチン配布の任に就かせたそうだ。

 アメリカでは、一刻でも早くワクチンが多くの国民にいきわたるよう官民一体となった協力体制が築き上げられている。
【アメリカでは一刻も早いワクチン接種が求められている】

 現在、アメリカでは2種のワクチンが承認されている。それらは2回接種を受ける必要があるが、新型コロナ感染症に対する予防効果と重症化を抑える効果が期待されている。

 問題は、予防接種が始まって1か月が経過するというのに、なかなか人々に行き渡らないことだ。3億3000万人が暮らすアメリカで、1度でも予防接種を受けられた人は1220万人程度(1月19日時点)。2度受けた人となると、わずか160万人でしかない。

 「このペースでいいとは思えません。一気にスケールアップして、進捗を加速させなくては」と、スターバックスのケビン・ジョンソンCEOは語る。

国別のコロナワクチン接種状況
[動画を見る]

【スターバックスやマイクロソフトなど民間企業が支援】

 こうした状況を打破すべく、ワシントン州はスターバックスなどの地元企業に協力を仰ぐことにした。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。