死後、デジタルで蘇る。故人をAIチャットボットとして復活させる技術

死後、デジタルで蘇る。故人をAIチャットボットとして復活させる技術

/iStock
 亡くなった人は二度と帰ってこない。しかし、この技術を使えばデジタルとしてなら蘇らせることができるだろう。

 マイクロソフト社は故人をAIチャットボットとして復活させることができる技術の特許を取得した。故人が残したデータをもとに作成した3Dモデルと双方向の会話が実現できるという。
【会話可能なAIチャットボットの作成】

 2017年に出願され、昨年12月に登録された特許のタイトルは、「Creating a conversational chatbot of a specific person(特定人物の会話可能チャットボットの作成)」という。

 それによると、このシステムは画像・音声データ・SNSへの投稿・電子メッセージなどにアクセスし、「特定人物の人格をテーマにした特別なインデックスを作成・修正」することができる。

 また画像や動画をもとに、個人の3Dモデルを作成することもできるようだ。

[画像を見る]
iStock
【故人をデジタルで復活させ、会話することが可能に】

 この技術は過去や現在の実体に対応する可能性がある。ということは故人をデジタルで復活させることができるのだ。

 デジタル化された人格模倣で死者を蘇らせることなど冒涜的であるという印象を抱く人もいるかもしれない。

 だが大切な人を亡くした経験のある人ならば、心にぽっかりと空いてしまった穴を埋めるために、故人の思い出を偲ベる写真や映像がどれだけ大切なものか分かるはずだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク