元飼い主から銃で撃たれた犬が、人間を信じることをやめず、人を救う介助犬になるまでの物語(アメリカ)

元飼い主から銃で撃たれた犬が、人間を信じることをやめず、人を救う介助犬になるまでの物語(アメリカ)

虐待を受けた犬が介助犬になるまでの物語 credit:Melissa Amos/Facebook
 無責任な飼い主に多頭飼いされ、銃弾を受けた犬が救助された。だがその後、やさしい飼い主のいる永遠の家を見つけた。

 人間からひどい虐待を受けていたにもかかわらず犬は再び人間を信じることに決めたようだ。

 新たな飼い主と深い絆を育んだ犬は、介助犬としての訓練を受け、今では飼い主に癒しをもたらし、交通事故から命を救ってくれる存在になったという。
 
【元飼い主から銃弾を受けた犬】

 アメリカ・イリノイ州に住むメリッサ・エイモスさんは、Facebookのグループアカウント『ICanHas Storytime』に愛犬ソーシャのことを綴った。

 ソーシャは子犬の頃、何十匹も多頭飼いをしている女性のもとで飼われていた。

 しかし、その劣悪な飼育環境を知った地方自治体は、女性から全ての犬を没収することを決め、それを伝えたところ、女性は理性を失って飼っていた犬を銃で撃つという悲しい事件が起こった。

 口の中に銃口を向けられたソーシャは、首に近い下顎部分を撃たれたが、幸いにも命は助かった。

[画像を見る]

 当時生後10か月だったソーシャは、その後同州マーフィーズボロにある動物救済保護施設『Wright-Way Rescue』に保護された。

[画像を見る]

【永遠の家を見つけたソーシャ】

 自宅でペットシッター業を営む動物愛好家のメリッサ・エイモスさんは、ソーシャに出会った頃は学校で動物行動学を学んでいた。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。