人形の中に人形の中に人形...マトリョーシカ人形の世界ギネス記録

人形の中に人形の中に人形...マトリョーシカ人形の世界ギネス記録


 人形の中に人形、さらにその中に人形があってまた人形。入れ子構造になっているロシアの民芸品「マトリョーシカ」は中にいくつ入っているのか想像するだけでも楽しい人形だ。

 中に入ってる人形は5.6個程度が一般的だが、大きくて凝ったものだと数十個収納されているものもある。

 では、世界ギネス記録に登録されているマトリョーシカはいったいいくつだと思う?
【マトリョーシカ最多ギネス記録は51体】

 そのギネス世界記録は2003年4月25日に登録されたもので、アメリカに住むロシア人、ユリア・ベレズニツカイヤが自身で作った51体だそうだ。

 一番大きい人形は53.97 cmで、一番小さい人形は0.31 cm。51体すべてを横に並べた長さは3.4mに及ぶという。

 この記録を更新するためには、数だけじゃなく、一番大きい人形の大きさも越えなければならないという。

 で、以下の画像を見て欲しい。

【ギネス記録越えのマトリョーシカか?】

[画像を見る]
 フランス、パリにある民芸品店のウインドディスプレイに飾られていたものだそうだが、私がアバウトに数えただけでも67体ある。

 もし一番大きい人形が53.97cm以上あったらギネス記録は更新されることになるだろう。それにしてもずっと見てられるほど魅力的だ。

【マトリョーシカの歴史】

 マトリョーシカはこのようにして作られるという。

[動画を見る]
HOW DO THEY DO IT RUSSIAN DOLLS HD
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク