「僕の親が犬をいじめています。誰か助けてください」子供が置き手紙と共に見知らぬ人に犬を託した思い(メキシコ)

「僕の親が犬をいじめています。誰か助けてください」子供が置き手紙と共に見知らぬ人に犬を託した思い(メキシコ)

少年が親にいじめられている犬を手紙と共に公園のベンチへ:Mascotas Coyoacan/Twitter
 公園のベンチに、1匹の犬が鎖につながれて捨てられていた。犬の傍には子供が書いたらしき手紙が添えられてあり、その犬が子供の両親から虐待を受けていたことが綴られてあった。

 その犬は7時間ほどそこに繋がれていたが、運よくその犬を保護施設のスタッフに保護された。子供の悲痛な思いを察し、人間に怯える犬が再び心開くことができるよう、懸命に訓練と世話を施された。

 その甲斐あって犬は心を開くようになり、現在は永遠の家を探しているところだという。
【手紙と一緒にベンチに鎖で繋がれて捨てられていた犬】

 メキシコの首都メキシコシティにある動物保護施設『Mascotas Coyoacan(マスコタス・コヨアカン)』に、「公園のベンチに犬が鎖で繋がれて、捨てられているようだ」と連絡が入ったのは、昨年11月のことだった。

 目撃した近所住民によると、犬(生後7か月)は朝8時頃からずっとそのベンチで繋がれていたという。

 午後3時頃に連絡を受けた同施設のマルセラ・ゴールドバーグさんは、「もう誰かに保護されているかもしれない」と思いながら現場へと駆け付けた。

[画像を見る]

 ところが、犬はまだベンチで繋がれた状態にあり、気の毒に思った近所住民らが犬に餌や水を与えようとするも、犬は唸り声をあげて威嚇し、攻撃的な態度を露わにしていた。


 そこでマルセラさんは、急きょ犬の訓練士にビデオコールをし、対処法を尋ねることに。結局、鎖を外すまでに2時間を費やしたが、マルセラさんは犬が乱暴な性格ではなく、ただただ人に怯えていただけなのだとわかった。

 犬が繋がれてあったベンチの上には、スペイン語で書かれた手紙があり、このように綴られていた。

[画像を見る]

『こんにちは。僕はマックスといいます。お願いします、僕を飼ってください。』

どうか、この子犬を飼って世話をしてあげてください。僕の犬をここに残すのはとても胸が痛むけれど、僕の家族はいつもマックスに酷いことをしていて、僕はマックスが苦しんでいるのを見るのはとても辛いんだ。だから、悲しいけれどマックスを手放す決心をしました。

これを読んだあなたが、マックスのことをかわいそうに思ってくれたら、どうか迎え入れて大事にしてあげてください。もしあなたが飼えないなら、他の人がマックスを引き取れるように、このメモを元の場所に残してください。ありがとう。

【マックスからボストンへ生まれ変わった日】

 子供とわかる筆跡で書かれたその手紙からは、大好きな犬を手放さなければならない悲痛な思いが伝わって来た。

 マックスが置かれていた状況に胸を痛めたマルセラさんは、なぜマックスがここまで人に激しくおびえるのかを知り、気の毒な状況で遺棄されてしまったマックスにボストンという新しい名をつけた。

 ボストンの保護は急なことだったため、施設側はボストンを迎え入れられる適切な一時預かりの里親を見つけることができなかった。

 しかし、急きょ借りられることになった車庫にボストンを連れて帰り、マルセラさんはその夜、ボストンに少しでも心を開いてもらおうと一緒にいることにした。

 すると時間が経つにつれ、ボストンはマルセラさんに近寄り、愛情を求める仕草を示すようになった。

 ボストンが自分には危害を加えないという自信を持ったマルセラさんは、ボストンを抱きしめて頭を撫でてやると、ボストンはずっと寄り添っていたという。

[画像を見る]

 マルセラさんは、その後1週間ボストンと一緒に時間を過ごすうち、ボストンが女性より男性に恐怖心を抱いていることを感じ取った。

 ボストンが人間に再び心を開くようになってほしいと、マルセラさんは愛情とやさしさを持って接し続け、6日間ボストンを訓練学校にやり、基本の躾を覚えさせた。

 その頃には、ボストンは生きることは痛いことだけじゃない。楽しいこともあるということを感じることができるようになっていたようだ。

[画像を見る]

 その後、養子縁組のテストとして、ボストンに興味があるという人物のもとへ一時引き取ってもらう手続きをした。

 ところがあいにくその飼い主が飼っていた他の犬たちとうまくいかず、ボストンは24時間以内にマルセラさんのもとへ戻されることになった。

虐待を受けていたボストンは、今人への愛情をとても求めています。飼い主の女性が他の犬たちに愛情を注ぐことが耐えられなかったようです。

愛情を独占したいという態度が露わに出てしまい、仲間の犬たちと仲良くすることができなかったのです。(マルセラさん)

[画像を見る]

【今もボストンは永遠の家を探し中】

 マルセラさんは、ボストンに他の犬たちも上手くかかわりを持てるように訓練を受けさせた。

 現在ボストンは、14匹の犬を世話している仮里親の男性のもとで暮らしているという。

ボストンは、今父親と一緒に住んでいる男性の家で一時的に預かってもらって暮らしています。

動物好きな彼らはボストンを見て一目で気に入ってくれたようで、ボストンのことを本当に可愛がってくれています。ボストンもその仮里親の男性が大好きのようです。

最初に保護した時と比べて、ボストンはとても変わりました。ボストンはもう人を恐れてはいません。自ら人に近付くようにもなりました。

エネルギッシュで遊び好きで、人の愛情をたくさん欲しています。できれば子供がいてボストンとたっぷり遊んでくれるような家に引き取らってもらえたらと。

今はコロナで養子縁組の手続きなども容易ではないですが、ボストンに早く永遠の家が見つかることを願っています。(マルセラさん)

written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:「僕の親が犬をいじめています。誰か助けてください」子供が置き手紙と共に見知らぬ人に犬を託した思い(メキシコ) https://karapaia.com/archives/52299008.html

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。