娘を守るため殺し屋の標的になった母親、身代わりとなって命を落とす(アメリカ)

娘を守るため殺し屋の標的になった母親、身代わりとなって命を落とす(アメリカ)


 先月、アメリカのルイジアナ州で恐ろしい事件が起こった。自身の妹の娘(姪)への性犯罪容疑で有罪判決を受けた男が、姪を殺害しようと殺し屋をやとったのだ。

 だが、男の妹であり姪の母親は、娘を守るため身代わりとなった。

 当時、妹の家にいた隣人までをも手にかけた殺し屋2人と男は、現在第一級殺人罪の容疑で勾留中だという。『New York Post』などが伝えている。
【妹の娘を殺害するため、殺し屋を雇った男】

 1月13日、ルイジアナ州テレボーン郡に住むブリタニー・コルミエさん(34歳)と隣人のホープ・ネットルトンさん(37歳)が、コルミエさん宅で2人の男に射殺されるという事件が起こった。

 同郡保安官事務所が捜査をしたところ、すぐさま容疑者として浮上したのが、ブリタニーさんの兄ボークス・コルミエ(35歳)で、驚くべき事件の内容が明らかになった。

 実は、ボークスは妹であるブリタニーさんの娘に性的暴行をくわえたとして告発され、有罪判決を受けていた性犯罪者だったのだ。

 逆恨みからか、ボークスは友人アンドリュー・エスキン(25)とダルビン・ウィルソン(22歳)を殺し屋(ヒットマン)として雇い、妹の娘への殺害計画を立てた。

 ボークスは、2人の殺し屋が計画を無事に実行できるようにと、自ら監視役をするなど暗殺行為に加担していたという。

[画像を見る]

【母親、娘の身代わりになり射殺される】

 13日、自宅にいるところを襲ってきた2人の殺し屋に、ブリタニーさんは娘のフリをして「自分がボークスの被害者だ」と名乗った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク