釣った魚を一旦口にくわえたら喉に詰まって窒息寸前!緊急摘出施術が行われる

釣った魚を一旦口にくわえたら喉に詰まって窒息寸前!緊急摘出施術が行われる

Engin_Akyurt/pixabay
 コロンビアで、湖で魚を釣っていた男性が、魚に命を奪われそうになるという珍事が発生した。この日はよく釣れたようで、1匹目の魚を釣った後、すぐに2匹目がかかり、手に持っていた魚を一旦口にくわえたところ、それが喉に詰まって窒息寸前になったのだ。

 幸いにも、男性は自ら病院へ出向き緊急手術を受け一命をとりとめた。医師は、男性の喉の奥から18センチほどの魚を摘出したという。『Lad Bible』などが伝えている。
【釣った魚が男性の喉の奥に】

 1月23日、コロンビアのマグダレーナ県ビビハイに住む男性(24歳)は、湖へ釣りに出かけていた。

 湖に垂らした釣り竿が反応したため竿を引っ張り上げると、魚が引っかかっていた。男性は釣り針から魚を外し、すぐに竿を湖に垂らした。

 すると、間を置かずに竿が反応。再び魚がかかったことを知った男性は、「2度目も逃がしたくない」と思い、慌てて手に持っていた魚をバケツに入れずに口にくわえ、釣りに集中しようとした。

 しかし、魚は男性の口の中で激しく暴れ出し、喉の奥へと入り込んでしまった。

【18センチほどの魚を喉から摘出した医師ら仰天】

 息苦しさを感じた男性は、釣りを中断して徒歩で近くの病院へ向かった。病院の医師たちは、男性から事情を聞こうとしたが、呼吸困難に陥っていた男性は話すことができず、ひたすら喉を指差し続けた。

 そこで、医師は男性にX線検査を実施。その結果、喉の奥に魚が詰まっていることがわかったのである。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月8日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。