人間の脳細胞をマイクロチップに織り込みAIの限界を広げる「ブレインオンチップ」の開発

人間の脳細胞をマイクロチップに織り込みAIの限界を広げる「ブレインオンチップ」の開発

iStock
 電子工学やコンピューター科学技術を駆使して、人の手によって作り出されたAI(人工知能)だが、いずれは半人工的な存在へと姿を変えるかもしれない。

 その演算能力に革命を起こすために、人間の脳の幹細胞を利用してしまおうと考える科学者が現れたからだ。
【人間の脳細胞が人工知能の限界を広げる】

 医療・金融・自動運転車など、さまざまな分野で普及が進むAIだが、特に研究開発が盛んに行われているのは機械学習を通じた製品開発やマーケティングの分野だ。

 人工知能によりたくさんの仕事をこなしてもらうためには、その性能アップが重要になるが、現在の電子工学的なやり方ではおのずと限界が生じてしまう。AIの性能アップには、高度な演算能力とそれにともなう膨大な電力が必要になるからだ。

 一方、AIの勢いにおされ気味な人間の脳細胞だが、AIにはない長所がある。それは栄養たっぷりの溶液が少量ありさえすれば、高度な演算をきわめて低いエネルギーで易々とやってのけることだ。

[画像を見る]
iStock
【マイクロチップに人間の幹細胞ネットワークを構築】

 そこで英アストン大学のグループが中心になって立ち上げた国際的プロジェクト「Neu-ChiP」では、マイクロチップのうえに人間の大脳皮質に似せた幹細胞を構築しようと計画している。

 これによってコンピューターの学習能力をアップさせると同時に、消費電力を大幅に削減することができるのだという。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「人間の脳細胞をマイクロチップに織り込みAIの限界を広げる「ブレインオンチップ」の開発」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    漫画や映画では、人間の脳細胞とコンピュータを組み合わせて、ろくな事が起こっていない。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。