約4万年前に発生した地球の劇的な磁極反転の証拠が発見される(国際研究)

約4万年前に発生した地球の劇的な磁極反転の証拠が発見される(国際研究)

credit:NASA's Goddard Space Flight Center
 今から約4万年前、地球の磁場(地磁気)が一時的に南北逆になる磁極反転(地磁気逆転)が発生した。地球環境が激変し、気候が大きく変わり、生物も大量に絶滅し、我々の祖先にとっても大きな影響をもたらしたとされている。

 『Science』(2月19日)で発表された最新研究では、激動の時代を生きた木の年輪から当時の磁極反転の証拠を発見したそうで、これまで謎に包まれていた磁極反転に関する詳細が明らかになると期待されている。
【木の年輪に刻まれた太古の記録】

 その証拠は、ニュージーランドで発掘された4万年以上前のカウリの木から見つかった。樹木の年輪には、それが成長していた当時の大気の様子が刻み込まれている。

 特に貴重な情報源となるのが、炭素の放射性同位体「炭素14」だ。宇宙から降り注いだ宇宙線は、大気の中で窒素原子と核反応を起こす。このときわずかに生成されるのが炭素14だ。

 宇宙線は常に降り注いでいるので、多少の増減がありながらも炭素14は比較的安定して生成されている。だがもし年輪に含まれる炭素14が急激に増加していれば、その年は何らかの理由によってたくさん生成されたということになる。

[画像を見る]
ニュージーランドのカウリの木/iStock
【地磁気が最も弱かったのは4万2200年前】

 地球最後に起きたとされる磁極反転(地磁気逆転)

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。